HAMADA CO.,LTD

デザイン部門

デザイナーとしての思い。

パッケージデザインというのは、「商品は作れるけれども、売り方がわからない人」を助けるものだと考えています。
お客様が商品を開発している段階で、パッケージデザインまで細かく考えて作りこんでいるというケースはあまりありません。
大抵は、「商品の構想はあるが売り方までは考えていない」ということが大多数ではないでしょうか。
その、ぼんやりとしたイメージをはっきりとした「ゴール」に導くために、私たちは努力を惜しみません。

弊社デザイン部では、様々な業種のお客様の声に応える為に、常に他業種のデザインも意識してとり入れるようにしています。
デザインセミナーの参加、Tokyo Midtown Awardやアパレルのテキスタイルデザインなど、様々なデザインコンペティションへの出展。
日々、アンテナを立て、取り入れたデザインをお客様に提供できるようにデザイン力を磨き続けていきます。

「商品の魅力」を最大限に引き出すパッケージ。

パッケージデザインは、店頭に並んだ時のイメージ、ターゲット層、商品の見え方、機能特長、売り場のカラーバランスなど様々な要素を考慮して組み立てていきます。良いデザインをする為には「お客様の声」は欠かせません。弊社では「お客様の声」を聞き落さない為に、「適格な質問をする」「不明な点は必ず確認する」「正確に、簡潔に、わかりやすく伝える」など、常に質の高い打ち合わせを心がけています。
「お客様の声」をデザインの各要素にあてはめて精査し、「商品の魅力」を最大限に引き出せるようにパッケージデザインをしていきます。

パッケージから売り方の提案まで。

パッケージ以外に多いご注文が「売り場イメージの提案」です。
売り場のご提案には、大きく分けて2つの種類があります。一つは、「売り場先行型」。売り場全体のイメージを先に構築してからパッケージデザインを組み立てるという形です。もう一つは、パッケージデザインを先に考えてから売り場の形を考える「パッケージ先行型」というもの。こちらの方が、案件数としては多いと考えらます。弊社では、実際に現場を見て、どのようなディスプレイやパッケージが最適か、どういった見せ方が効果的かを日々考えています。パッケージだけにとどまらず、販促ツールや、時にはプロモーションビデオなどの映像に至るまで、幅広くご提案・作成しています。
また、商品の企画から携わることも業務の一つです。商品を売るためのあらゆるノウハウを持っているため、商品のネーミングからキャッチコピーに至るまで、 商品に付随するあらゆるもの全てを提案・生産できる。その総合力が他社にはない大きな強みだと思っています。

Top